SE7EN、パク・ジニョンと共演ステージ SBS『人気歌謡』で2週連続1位


SEYEN(セブン)が、19日放送の韓国SBS『人気歌謡』で、新曲「僕が歌を歌えなくても」を、同曲を作詞・作曲したパク・ジニョンとのコンボで披露。2週連続の1位をもぎ取った。

SE7ENは番組で、「YGファミリーのみなさん、また今夜ステージにともに立ってくださったパク・ジニョンさん」のほか、多くの協力者、ファンに感謝の言葉を語った。

YGエンターテイメント所属のSE7ENと、JYPエンターテイメント代表のパク・ジニョンのタッグは韓国音楽界の大手事務所2つの壁を見せない良いコラボレーションとして映り、好感を集めている。

SE7ENは、新曲「僕が歌を歌えなくても」で、韓国音楽界に1年6カ月ぶりにカムバックを果たしたばかりだが、歌手歴10年、K-POP人気の立役者としての実力を見せている。

関連記事:

SE7EN、酒の席は「YGとは楽しい、JYPとはまだそんなに親しくない」

SE7EN、YGとの契約終了後はSMに移籍?

パク・サンダラ「ミニスカ着れなくても…」、SE7ENの新曲をパロディ化 SE7ENも大笑い

SE7EN、米ビルボード2つのチャートにランクイン

SE7EN、SBS『人気歌謡』で完全復帰! 歌手歴10年の貫禄

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF