SISTAR、「練習生の時から13センチのハイヒールを履いて踊っていた」


SISTAR、「練習生の時から13センチのハイヒールを履いて踊っていた」
SISTAR、「練習生の時から13センチのハイヒールを履いて踊っていた」

SISTARがステージ上での完璧なパフォーマンスの秘訣を明かした。

5日に韓国で放送されたMBC every1『SISTAR’s SHOWTIME』でSISTARのメンバーたちは、完璧なパフォーマンスの秘訣は「ハイヒールを履いてダンスを踊る」と明かした。

この日、メンバーたちは「本当に13cmのハイヒールを履いて練習するのか?」という質問に、ヒョリンは練習生時代を回想して「どこの練習室であえてスニーカーを履いて?話にならない」と練習室出勤と同時に13cmのハイヒールに履き替えた後、基本的なワーキングから高難度の振り付けの練習まで、ハードなトレーニングを受けていたエピソードを打ち明けた。

続いて、メンバーたちは「もちろん大変だったが、そのように練習していなかったらステージの上でハイヒールで踊ることができなかっただろう。ハイヒールが脚線美の役にも立った」と述べた。

これにソユは「ヒールを履くことが脚線美の役に立ったが骨を失った。関節を失った」と話して笑いを誘った。

この日の放送ではSISTARの末っ子メンバーのダソムがチョンギゴと「Some」の甘いステージを繰り広げて目を引いた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF