SMエンターテイメントにチャン・ドンゴンら移籍、ますます拡大


東方神起

SUPER JUNIOR

少女時代

といった人気K-POPグループを多数抱える韓国の大手芸能事務所である

SMエンターテイメント

が、新たに俳優のチャン・ドンゴンらを迎え入れることが明らかになった。

SMエンターテイメントの系列会社である「SM C&C」は19日、チャン・ドンゴン、キム・ハヌル、ハン・ジミンらが所属するAMエンターテイメントを吸収合併することを発表した。これにより、ドラマを含め、アジアの映像コンテンツ制作事業やグローバルな俳優マネージメント事業を本格的に拡大する予定だと明らかにした。

「SM C&C」は最近、韓国のバラエティ界で活躍する大物MCのカン・ホドン、キム・ビョンマン、イ・スグンらが移籍をし話題を集めていたが、今回のAMエンターテイメントの吸収合併により、歌手、俳優、タレントすべてをそろえた芸能事務所としてますます拡大することになる。

SMエンターテイメントは、すでにK-POPブームにより所属アーティストが世界展開をしている。今後は、新たに獲得した俳優らにおいても、韓国やアジアだけではなく世界的に活躍する俳優にしたいと語った。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF