SM ROOKIES YUTA、日本の海水温度上昇に言及「サメ出没し9つの海水浴場が閉鎖」


SM ROOKIES YUTA、日本の海水温度上昇に言及「サメ出没し9つの海水浴場が閉鎖」

SM ROOKIES YUTA、日本の海水温度上昇に言及「サメ出没し9つの海水浴場が閉鎖」

SM ROOKIESのYUTAが、地球温暖化に伴う日本の海水温度上昇について言及し、話題となっている。

14日に放送された総合編成チャンネルJTBC芸能番組『アブノーマル会談』で、各国のメンバーらは地球環境の急激な変化や環境保護について白熱した討論を繰り広げた。

同日の放送で、YUTAは「日本では35度を超える猛暑が続き、熱中症になり救急車で運ばれる人が続出している」と日本の猛暑日の現状について述べた。さらにYUTAは「猛暑のため、海水面の温度が4度上昇し、サメがいなかった海にもイカなどのエサを求めてサメが出没するようになり、9つの海水浴場が閉鎖された」と説明し、視線を引き付けた。

エジプト出身のセミは「エジプトも日本と同じ現象が起きている。35度はまだいいほうだと思う。今日のカイロの天気は、日蔭でも45度。今年の夏は暑さのため90名が亡くなった」と説明、地球規模で起こっている環境の異常な変化にメンバーらは驚きの声を上げた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF