SUPER JUNIOR、グループとしての結束の強さの秘訣語る


SUPER JUNIOR、グループとしての結束の強さの秘訣語る
SUPER JUNIOR、グループとしての結束の強さの秘訣語る

SUPER JUNIOR

が、グループとしての結束の強さの秘訣について語った。

関連記事:

SUPER JUNIOR イトゥク「メンバーで殴り合いのケンカも」

3日に行われたSUPER JUNIORの6thアルバム『

Sexy, Free & Single

』の発表記者会見で、SUPER JUNIORのメンバーは、デビュー後過去7年間で喧嘩をしたことはあるかと尋ねられた。

これに

イェソン

は、「喧嘩して辛いときを過ごしたから、今日の僕たちは強いんです。僕達の車が交通事故を起こすような出来事はたくさんありました。でもそういう時でさえ、互いに責めることはしないで受け入れ合ってきました」と言う。

さらに、「アイドルグループを見ると、99%はお互いに上手くいっていないと思う。おそらく、多くのグループがお互いに上手くいっていないと思う。僕は、自分たちの感情を表に出して、内に秘めておかないから、僕達のグループはお互いの関係がとても近いと思う。もし好きじゃなければ、すべてがはっきりするまで話すんです」と語った。

一方、

シウォン

は「もしグループ内で多くの個人活動があれば、グループが分裂してしまうのは簡単です。僕達のグループは互いに一緒に頑張れば、より強くなれるということを知っています。もし個人活動があっても、僕たちはそれをそのことを知っているから、依然として強いんです」と語った。

また、

ウニョク

は「時には喧嘩をすることをためらわないことが秘訣だと思います。時々、喧嘩は誤解を解くのに手助けになります。そしてそこで問題を正しく直すことを僕たちは好きなんです。僕達のチームワークが、他と比べて強いのはそのためだと思います」と語った。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF