SUPER JUNIOR、日本活動のためにユニット結成か イトゥクが思い語る


これまで日本での本格的な活動を行ってこなかった

SUPER JUNIOR

が、今後の日本での活動のためにユニットを結成する可能性が出てきた。

13日午後に開いた記者会見で、リーダーの

イトゥク

は、SUPER JUNIORが日本でこれだけの人気を得ることができたことについて、最近の韓流ブームのために大きな愛を受けたためではと語った。

一方、「受けた愛を返すために、日本でのユニット活動も考えている」と述べ、今後の日本での本格的な活動のために、グループ内でユニットを結成することを考えていることを明らかにした。

SUPER JUNIORは12、13日、東京ドームで2日間連続の公演を開催し、11万人を動員。これは、昨年6月にリリースした日本初シングル『

美人(BONAMANA)

』発売からわずか11カ月での達成で、韓国人アーティストとしては最速で東京ドーム公演を実現したことになる。

関連記事:

【写真】SUPER JUNIOR 東京ドーム公演、5万5000人のブルーオーシャン

SUPER JUNIOR イトゥク「東方神起の人気は500人の公演で始まった努力の結果」

SUPER JUNIOR、日本活動11カ月で最速・東京ドーム公演=11万人動員

SUPER JUNIOR、2PMほか、兵役中のピ(Rain)も出演 韓国・麗水万博で15回の無料公演

SUPER JUNIOR、台湾の韓国音楽チャートで100週=1年11カ月連続1位!

「SUPER JUNIOR」の記事一覧ページ

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF