SUPER JUNIORヒチョル、SMのドラマ制作システムを批判


SUPER JUNIOR

ヒチョル

が、所属事務所である

SMエンターテイメント

(以下SM)のドラマ製作のシステムを批判した。

10日に韓国で放送された総合編成チャンネルJTBC『ソル戦~芸能審判』第33回では、日本のドラマをリメイクした韓国ドラマのブームを分析した。この日の放送でヒチョルは、SMが制作と投資に参加したドラマ『

花ざかりの君たちへ

』(

SHINee

ミンホ

f(x)

ソルリ

が主演)を失敗例に挙げるなど、不満を隠さなかった。そして、「前にも自分はSMが制作するドラマに出ることはないと言った」と語った。

『花ざかりの君たちへ』について、ヒチョルは「ほとんどあるいは全く演技経験を持たないアイドルにドラマの主役を与えることで、彼らをアーティストとして高めることには貢献したが、ドラマの質を損なう結果になった」と語った。

続いてヒチョルは、「SM所属歌手のミュージックビデオ(MV)もSM所属のアーティストが出演する」とし、「それは事務所が『SMの子たちが最高なのに、ほかの事務所の俳優を抜擢する理由があるのか?』と事務所が思っていてくれているということで、そのことはとてもありがたく思っている」と説明した。

その一方で、「(韓国で製作されるドラマやMVの)すべてにSMのアーティストが出演するというのはありえない」とも語った。

さらにヒチョルは「僕は強くて挑戦的な番組が好きだ。僕はアイドルを攻撃することはできないけれど、批判はする」と話した。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF