SUPER JUNIOR イトゥク、涙で辛い過去を告白


SUPER JUNIOR

イトゥク

が涙を見せた。

10日放送のMBC『気分の良い日』では、番組中の「スター、私たちが知らなかった1%。誰にでも過去はある」というコーナーでイトゥクが登場し、辛い過去の経験を涙ながらに語った。

イトゥクはこの日、自身が幼い頃、家庭内の不和がひどい状況であったことを明かした。イトゥクは「(両親が)あまりにたくさん喧嘩をするし、僕もたくさん殴られました。小学生の頃からそういうストレスがたくさんありました」と語った。 

また、「父の考えが恐ろしく、嫌ったりもしました」「そのために、練習生時代に自分が本当にこれをするのがいいのかとも考えたし、本当に早く成功したかった」と涙を流して語った。

イトゥクは、SUPER JUNIORのリーダーとしてファンの前では常に明るい姿を見せており、イトゥクの辛い過去の告白にファンは驚きと共に同情する姿勢を見せた。

番組の視聴者は「明るいイトゥクにこんなに辛い過去があったのか」「いつも笑顔だったのに、何だかもっと心が痛い」などとコメントした。

(写真:MBC)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF