SUPER JUNIOR-MのヘンリーとK.Will、直筆の遺書を公開


SUPER JUNIOR-MのヘンリーとK.Will、直筆の遺書を公開
SUPER JUNIOR-MのヘンリーとK.Will、直筆の遺書を公開

9日に韓国で放送されたMBCのバラエティ番組『本物の男』では、メンバーたちが戦場で死ぬ覚悟をするという仮想の下に家族へ宛てた遺書を書く姿が描かれ、歌手K.WillとSUPER JUNIOR-Mのヘンリーの遺書が公開され視聴者の目を引いた。

この日、K.Willは「軍という所は確かに家族を愛し、隠された心の内を見つけてくれる所」と遺書を読み上げ始めたが、両親への想いに涙が溢れ、遺書を読むことが困難になるほどだった。

K.Willは製作陣とのインタビューで「僕もなぜそのように涙が出てきたのか分からなかった。手紙をもらって涙を流す両親を思い浮かべたらおのずと思わず涙が出た。本当に悲しい感情を感じた」と話した。

続いて、ヘンリーも「家族へ。僕は今軍隊にいるが、明日は非常に恐ろしい場所に行く。死ぬこともあるんだって。愛してる」と真剣な様子で遺書の朗読を始めた。

ヘンリーは「いつも家に一緒にいても何もしなくてごめんね。そして、お母さんにいつも家の掃除をさせていたことごめん。生きて帰ったらこれからは僕たちの家の掃除もするよ」と言って笑いを誘った。

最後にヘンリーは「これからは良い息子、弟、お兄さんになるように努力する」と述べた。

これにヘンリーは制作陣とのインタビューで「これまでの人生で死ぬかもと思ったことがなかった。色んな想いが浮かんだ」と感想を述べた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF