T-ARA、ジヨンとヒョミンがそれぞれソロデビュー!


T-ARA、ジヨンとヒョミンがそれぞれソロデビュー!
T-ARA、ジヨンとヒョミンがそれぞれソロデビュー!

T-ARAのメンバージヨンとヒョミンがそれぞれソロ歌手としてデビューすることが分かった。

T-ARAの所属会社Coreコンテンツメディアの関係者は10日、「ジヨンとヒョミンがソロでデビューする」と明らかにした。

続いて、「ジヨンとヒョミンのソロアルバムは、作曲家、ミュージックビデオの監督、振り付け、スタイリストなど、別のマネジメントシステムを構築し、それぞれ別のスタッフが担当して全く異なるスタイルのソロアルバムをリリースする予定だ」と説明した。

ジヨンは、Girl’s Dayの「Something」、SISTARの「Give it to me」や「Lovin’ you」などを手掛けた作曲家ダブルサイドキック、ヒョミンはソンミの「Full Moon」、SISTARのヒョリンの「One Way Love」、SISTARの「Alone」など手掛けた作曲家、勇敢な兄弟とそれぞれ呼吸を合わせる予定だ。

また、ジヨンはDavichi、TEENTOP、ソンミなどのスタイルを担当しているイム・スジョンスタイリストが、ヒョミンはシスター、A Pinkなどを担当し、現在T-ARAのスタイルを担当しているイ・ウナスタイリストが担当すると伝えた。

振り付けについては、Girl’s Dayの「Something」、KARAの「ミスター」や現在T-ARAの振り付けを担当しているYAMA&HOTCHICKSの代表、チョン・ホンボクとペ・ユンジョンがジヨンとヒョミンそれぞれの振り付けを担当する。

一方、ジヨンは4月中にソロアルバムをリリースしてT-ARAで初のソロデビューを果たし、ジヨンに続いてヒョミンがソロデビューする予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF