T-ARAヒョミン、東京国際映画祭グリーンカーペットに登場!


邦画『

ジンクス!!!

』で主演を務める

T-ARA

ヒョミン

が17日、六本木ヒルズアリーナで行われた第26回東京国際映画祭のグリーンカーペットイベントに登場した。今回、同映画際には『ジンクス!!!』からはヒョミンと山﨑賢人、監督の熊澤尚人が参加し、この内、ヒョミンと山崎は同映画祭初参加となった。

『ジンクス!!!』は、日本と韓国の恋愛文化の違いをコミカルに織り交ぜながら、切ない恋と国境を越えた友情を描いた、コミカルでロマンチック、そしてちょっぴり切ない、新感覚のラブストーリーだ。ヒョミンは、同映画で日本映画初出演を果たすと共に、堂々の主役を務める。

T-ARAは最近韓国でカムバックをしたばかりで、T-ARAとしての活動で多忙な中、ヒョミンは今回非常にタイトな日程で来日し、同映画祭に参加した。

ヒョミンは、「東京国際映画祭に参加できてとても光栄です。日本映画に出演させて頂くのが初めてだけでなく、普段日本にはT-ARAとして来ているのですが、個人で活動するのも初めて。とても緊張していましたが、台本の読み合わせの時に、監督やスタッフの方がとても優しくしてくれて、安心して撮影を始めることができました。今回は、どうやったら韓国の恋愛事情を日本の皆さんに、真心を込めて伝える事が出来るか、意識して演技しました。恋に奥手な人や、これから恋をしたい人たちだけでなく、誰もが心温まる映画ですので、是非多くの方に応援して欲しいです」と初主演を務めた同映画について語った。

また、グリンカーペットでは、「自分も実際恋愛に慣れていないところがあり、(恋愛マスターの)ジホという役を演じるのは難しかったのですが、山﨑賢人さんが奥手な役柄で、恋のジンクスを教えながら、最後にはジンクスをこなしていて、嬉しく思いました。もちろん、また機会があれば素敵な日本映画に出演したいと思いますし、T-ARAとしても活躍していきたいと思っています」と語った。

『ジンクス!!!』は、11月16日(土)から、新宿バルト9ほか全国でロードーショーされるほか、海外でも韓国、香港、シンガポール、台湾などアジア各国で一斉公開される。

■ 映画『ジンクス!!!』

出演:ヒョミン(T-ARA)、清水くるみ、山﨑賢人、落合モトキ、松山愛里、チョン・スギョン(特別出演)、宮田早苗、高橋和也

監督・編集:熊澤尚人

脚本:まねべゆきこ

音楽:安川午朗

企画・制作プロダクション:ROBOT

配給:ティ・ジョイ

公式サイト:

http://jinx-movie.com/

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF