T-ARA事務所、悪質書き込みユーザーを警察に引渡しへ


T-ARA

の所属事務所コアコンテンツメディアは、

ファヨン

の脱退に関連してインターネット上に悪質なカ書き込みをしたネットユーザーの身元を確認し、警察に引き渡す予定だと発表した。

該当のネットユーザーは30日夜、T-ARAのバックダンサーを偽り、ファヨンが

ジヨン

から頬をたたかれたり、T-ARAのメンバーからいじめを受けていたという内容の文章を掲載した。しかし、確認の結果、バックダンサーが書き込んだ事実はなく、なりすましによる投稿であることが判明したという。

事務所側は31日午前までに、該当のネットユーザーの身元を確認したとして、すぐに警察に引き渡す予定だとしている。また、芸能界とは関係のない人物だという。

T-ARA騒動関連ニュース一覧

T-ARA騒動フォーラム

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF