T-ARA事務所の練習生詐称犯人が自首


T-ARA

の所属事務所であるコアコンテンツメディアの練習生だと詐称して、

ファヨン

の脱退に関連した虚偽の文書をインターネット上に投稿した人物が自首した。

コンテンツメディアは31日午後、報道資料を通じて、コアコンテンツメディアの練習生だとして文書を投稿した人物は、実際には練習生ではなく、京畿道(キョンギド)安養(アニャン)市在住の10代の学生で、自首してきたことを発表した。

事務所側は当初は、練習性詐称者に対して法的対応を取る計画だったが、該当者が自首してきたため処罰はしない方針。練習生を偽った文書は、T-ARAのメンバーからハイヒールで蹴られたことがあるというような内容で、ファヨンに対するいじめがあったのではないかという疑惑を助長した。

T-ARA騒動関連ニュース一覧

T-ARA騒動フォーラム

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF