T-ARA事務所代表、ファヨンの両親と面会 「理解してくださった」


T-ARA

の所属事務所コアコンテンツメディアの

キム・グァンス

代表は31日、韓国メディアからのインタビューに応え、

ファヨン

の両親と面会した事実を明かした。

キム代表は、スターニュースとのインタビューの中で「昨日(30日)、ファヨンと(双子の姉の)ヒョヨンの両親にもお会いし、今回の決定の背景をよく説明し、ご理解された」と語った。また、ファヨンの両親はT-ARAとファヨンの両者における最善の道を願われていたと明かした。

その上で、キム代表は、悪質な書き込みなどを元にした未確認の記事の掲載を差し控えるようメディアに要求した。

30日夜には、T-ARAのバックダンサーと偽ったネットユーザーが、ファヨンがジヨンから頬をたたかれたり、T-ARAのメンバーからいじめを受けていたという虚偽の内容の文章を掲載。コアコンテンツメディアは該当のネットユーザーの身元を確認し、すぐに警察に引き渡すと明かしている。

T-ARA騒動関連ニュース一覧

T-ARA騒動フォーラム

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF