T-ARA公式ファンカフェ、6300人が登録解除 8月の初単独公演にも影響か


ファヨン

の脱退発表後、

T-ARA

を取り巻く議論が更に過熱し、T-ARAの公式ファンカフェから6千300人近いファンが登録を解除した。

T-ARAの所属事務所コアコンテンツメディアは30日午後、報道資料を通してファヨンの脱退を発表した。その後、ファヨンは事務所の発表に抗議するかのように「真実なき事実」とツイッターにコメント。コアコンテンツメディアのキム・グァンス代表は新聞とのインタビューの中でファヨンのツイッターへのコメントについて、「真実を明らかにすれば、誰が傷つくのか(ファヨンには)是非考えてもらいたい」「言葉を慎んでもらいたい」などと警告した。また、事務所側はファヨンのコメントを受けて、ファヨンの脱退を決めた経緯の一部を公開した。

このような中、ファヨンの脱退発表の前日29日には、オンライングループ「ティ真求(ティエラに真実を求める)」が開設され、約1日で登録人数が3万4千人を超えた。一方、T-ARAの公式ファンカフェでは、登録者約6300人が登録を解除し、8月11日に予定されている初の韓国単独公演にも影響が出てきそうな状況だ。

韓国ではネットを中心に、「(公演のチケット)予約をたった今キャンセルしてきたところ」「ファヨンなしのT-ARAは見たくない」「真実は何なの?チケットはキャンセルします」などとする発言が目立つようになり、すでに公演のチケットをキャンセルする動きが出ている。

T-ARA騒動関連ニュース一覧

T-ARA騒動フォーラム

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF