ToppDogg、大人数グループならではの利点とは?


ToppDogg、大人数グループならではの利点とは?
ToppDogg、大人数グループならではの利点とは?

ToppDoggが大人数グループならではの利点を生かしたユニット活動で忙しいスケジュールをこなしている。

2日、ToppDoggの所属事務所STARDOMエンターテインメントによると、4人のメンバー(Pグン、キド、ハンソル、ビジュ)は先月末、日本のプロモーションイベントに、これに合わせて2人のメンバー(ジェニシ、サンド)がベトナムで医療奉仕を行ったと明らかにした。

また、先月29日に済州島で行われた公開放送には7人のメンバー(Pグン、ゴン、ホジュン、キド、ハンソル、ビジュ、ヤノ)がステージに立ち、メンバーの空席を感じさせないパフォーマンスを披露したという。

さらに、KBS 2TV『出発ドリームチーム』に1人で出演したPグンのために、ハンソル、ビジュ、ゼロが撮影現場を訪問して応援したと伝えられた。

所属事務所側は「ToppDoggはメンバーが多いので、過去5日間の忙しいスケジュールを無理なくこなすことができた」とし「ToppDoggは多岐に活躍できる最適のアイドルグループである」と述べ、それぞれのキャラクターを生かした今後のユニット活動にも期待を高めた。

ToppDoggは2015年1月6日~7日にZepp Divercity TOKYOで単独ライブ「ToppDogg”ANNIEVERSARY”Concert~ANNIE~」を開催する予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF