U-KISSのドンホが脱退 「一般人として普通の生活がしたい」


U-KISS

ドンホ

がグループから脱退し、今後の芸能活動を中断する。

16日、所属事務所NHメディアが公式発表し、「ドンホは今月末に韓国で発表する新しいアルバムからは脱退し、しばらく芸能活動を休止する」と伝えた。

所属事務所によると、ドンホは今年芸能活動の意志が弱まったことと、体力的に健康状態が歌手生活に適していないということを所属事務所に明らかにしており、ドンホ本人と家族との長い協議の上、ドンホの意志を受け入れることに決断したという。

ドンホは「長期間U-KISSのメンバーとして活動することで、時間が経つにつれて自分の性格上、芸能人としての生活に適応するのに苦労があった」と打ち明け、「芸能人ではなく一般人として普通の生活がしたい」と述べた。

法的論争や事件、事故、契約終了の形ではなく、個人の意志と所属事務所の契約に基づいてグループを脱退するケースは珍しい。

この他、U-KISSでは、メンバーの

AJ

がU-KISSの活動中にコロンビア大学に合格した時も、会社側の配慮で留学し、学業を終えて戻ってからU-KISSの活動に復帰して活動を続けている状況である。

また所属事務所はドンホの脱退について「長い間一緒に過ごしてきたメンバーであり、長時間説得した。しかしあまりにも幼い年齢で芸能活動を始めてきて、苦労がたくさんあった。結局ドンホはグループから脱退することで合意した」と明らかにした。

今後、今月末韓国で発売される新しいアルバムはドンホ以外の6人体制で活動する。

(写真:NHメディア)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF