U-KISS ジュン&Boys Republic スウン、アイドル再起番組『The Unit』ステージで感極まり涙・・・その理由とは


U-KISSのジュンとBoys Republicのスウンがアイドル再起番組『The Unit』のステージで感極まり涙を流し、話題となっている。

23日に韓国で放送されたKBS 2TV『The Unit』で、セルフプロデュースの対決の過程が描かれた。同日の放送で、U-KISSのジュンとBoys Republicのスウンが所属するオレンジユニットは防弾少年団の「Butterfly」を選曲。ラップ担当であるジュン、B.I.Gのヒドらは担当パートの歌詞を自ら作詞し、視聴者や歌手を夢見る若者たちに思いを届けようとした。

ジュンはインタビューで「僕はU-KISSのジュンとしては知られていない。U-KISSがなかったら今の僕もここにいなかっただろう。それくらいU-KISSは僕にとって重要だ」と述べ、U-KISSへの愛情を伝えた。

ジュンやスウンを始め、MYNAMEのコヌ、BIGSTARのレファン、IMのキソク、IMFACTのウンジェ、B.I.Gのヒド、キャスパーら8人で構成されたラップ・ボーカルチームであるオレンジユニット。各メンバーらの切実な思いが溢れた「Butterfly」のステージに、観客のみならず参加者らも思わず感涙。ジュンはステージ後、こみ上げてくる涙を止めることができないほどであった。

Boys Republicのスウンも感極まり涙を見せた。スウンはステージの途中、惜しくも脱落してしまった同グループのメンバーであるウォンジュンの姿を客席に見つけ、彼に向けて歌を歌ったと告白。

ジュンのU-KISSへの思い、スウンのBoys Republicへの思いが込められた感動的なステージに、惜しみない拍手が送られた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF