WINNER、「アイドル音楽から脱しようとするよりも、上手にできることを考えて努力した」


WINNER、「アイドル音楽から脱しようとするよりも、上手にできることを考えて努力した」

WINNER、「アイドル音楽から脱しようとするよりも、上手にできることを考えて努力した」

WINNERがグラビアのインタビューを通じて、カムバックまでの空白期を振り返った。

最近、「WINNER 2016 PROJECT EXIT MOVEMENT」で1年5カ月ぶりにカムバックするWINNERは、ファッションマガジン『W KOREA』2月号を通じてグラビアとインタビューを公開した。公開されたグラビアでメンバーたちは、ヴィンテージ風のバーカウンターに並んで座り、シックな表情を浮かべながらセクシーな男性美を漂わせている。

グラビア撮影と一緒に行われたインタビューでカン・スンユンは「新曲発表前にドキドキして一睡もできなかった。ワクワクして緊張した」とカムバックを控えた心境を明かしたという。

ナム・テヒョンは「長い空白期を送りながら、これまで活動して名残惜しかった点を埋めるための勉強をした」とし「曲をメイキングしてプロデュースするグループだから多様な音楽を沢山知っておくべきだと思った。新しい音楽を沢山探して聞いたが、最近ギターを学ぶ影響もあってブルースにはまった」と伝えた。

「メンバーそれぞれの個性を音楽的に合わせていく過程での難しさはないか?」という質問に、ソン・ミンホは「WINNERのみの色を構築したい気持ちを共有しながら、みんな気楽に作業した」とし「特にアイドル音楽から脱しなければならないというプレッシャーより、良いもの最も上手にできることを考えて努力した」と答えたという。

WINNERは2月1日、メンバーの自作曲で満たされたミニアルバム『EXIT』をリリースする。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF