Wonder Girls「DJ is Mine」が2012年上半期のK-POPベストソングに!


Wonder Girls「DJ is Mine」が2012年上半期のK-POPベストソングに!
Wonder Girls「DJ is Mine」が2012年上半期のK-POPベストソングに!

KpopStarzのアンケート投票「

2012年上半期のK-POPベストソング&歌手を選べ!

」の第1ピリオドアンケート「2012年上半期のK-POPベストソング&歌手を選べ」(6月10~16日)で、

Wonder Girls

の「

DJ is Mine

」が、投票全体の32.6%を獲得して1位を獲得した。

第1ピリオドのアンケートは米東部時間6月10日午前0時から6月16日午後12時までの1週間にわたって行われ、米国だけではなく、世界中の様々なKpopStarz読者から投票が集まり、熾烈な競争が行われたが、韓国とアメリカで同時リリースしたWonder Girlsの「DJ is Mine」が見事首位の座をつかみました。

 

第1ピリオドでは序盤、

東方神起

の「

STILL

」が1位でしたが、その後、

JYJ

ジュンス

)の「Tarantallegra 」が追い抜き、更に

SUPER JUNIOR

ドンへ

ウニョク

)の「

Oppa, Oppa

」が1位に躍り出ました。しかし、最後には、KpopStarzが2月に実施したアンケート投票「

アメリカで最も期待されているK-POPグループ

」でも1位を獲得したWonder Girlsが、韓国とアメリカで今年1月に同時リリースした「DJ is Mine」で再び首位の座を手にしました。

今年1月12日にiTunesを通してリリースされた「DJ is Mine」は、Wonder Girlsが初主演した米TV映画『THE WONDER GIRLS』のOST(オリジナル・サウンド・トラック)としても採用された曲です。同映画で共演したアメリカのガールズグループ「School Gyrls」もフィーチャリングで加わり、楽曲はマライアキャリーやビヨンセらへの楽曲提供で有名な作詞家が提供しました。

第1ピリオドアンケート「2012年上半期のK-POPベストソング&歌手を選べ」では最終的に、SUPER JUNIORが

30.8%を獲得して

2位となり、その後には、JYJ、東方神起、

BIGBANG

が続きました。

KpopStarzでは引き続き、第2ピリオドアンケート「2012年上半期で最も世界的に活躍したのはどのボーイズグループ/ガールズグループか?」を、米東部時間6月17日(日)午前0時~6月23日(土)午後12時(日本時間6月17日(日)午後1時~6月24日(月)午後1時)の1週間にわたって実施致します。皆様のご協力とご参加、よろしくお願い致します!

※ 投票、現時点での結果ページはそれぞれ英語での表示です。

※ 投票は、1つのIPから1日1回投票可能です。

※ 投票期間は、米東部時間(ET=日本時間-13時間)です。

 

投票結果の最新情報を

  

で受信する

※ Facebook では、KpopStarz日本語版のページを「いいね(Like)」すると、

Twitterでは、KpopStarz日本語版のアカウントをフォローすると、

それぞれのタイムラインで、投票結果の最新情報を知ることができます。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF