YG、PSYが米ビルボード2位で株価うなぎ上り


PSY(サイ)

のアメリカを中心とした最近の活躍で、所属事務所のYGエンターテイメントの株価がうなぎ上りだ。

YGの時価総額が27日、昨年11月のコスダック上場以来初めて1兆ウォン(約760億円)を超えた。この日の株価は約9万8300ウォン(約6800円)前後と、前日に比べて13%を超える値上がり率で、PSYの「江南スタイル」が同日、米ビルボードの最新ホット100チャート(10月16日付)で2位にランクインしたことが大きく影響したようだ。

PSYはこれまで、同チャートで64位(2週前)、11位(1週前)と、韓国人アーティストでありながらも米ビルボードのメインチャートで続々と快挙を成しており、YGの株価もPSYと足並みを合わせて急騰した。

YGはこの日、時価総額が1兆円を超えたことで、コスダック上場企業内のトップ10入りを果たし、音楽芸能事務所で初めて時価総額1兆ウォンを突破したライバル会社SMエンターテイメントにも追いつく勢いだ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF