ZE:Aシワン、「第8回アジア・フィルム・アワード」にノミネート!


ZE:Aシワン、「第8回アジア・フィルム・アワード」にノミネート!
ZE:Aシワン、「第8回アジア・フィルム・アワード」にノミネート!

ZE:A

イム・シワン

が、「第8回アジア・フィルム・アワード」に参加することが分かった。

香港国際映画祭の一環として、27日に開かれる「アジア・フィルム・アワード」は、アジア各国の映画を対象に受賞作品を選定する。医務・

シワン

は、映画俳優デビュー作『弁護人』で、新人賞候補に名前を上げた。

イム・シワン

は、巧妙に仕組まれた悪質事件に巻き込まれる大学生ジヌ役を演じた。ナチュラルな方言演技から過酷な拷問シーン、不安定な精神状態の感情表現まで、ソン・ガンホ、キム・ヨンエ、クァク・ドウォンなどの先輩俳優達の愛だで安定的な演技をし、観客達からも好評を得た。

イム・シワン

は、「今、僕に何が起きているのか分からない。このような国際的な行事にノミネートされ、参加できるとは」「あまりない経験なので、いざ映画祭に行ったら、英語を使うのか韓国語を使うのか、という段階から悩む。全てが不思議で信じられない」など、ノミネートされて驚いている様子でコメントを寄せている。

なお、同映画は、

イム・シワン

以外にも、ソン・ガンホ、キム・ヨンエが、それぞれ主演男優賞と主演女優賞の受賞候補に上がっている。「アジア・フィルム・アワード」で受賞することができるのかーー韓国を代表する俳優達に注目が集まっている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF